Google map のウェブサイトへの埋め込み方(英語で表記)

日本の企業のウェブページに英語のコンテンツがありマップを英語で表示したかった。 それで調べてみた。 結果下記のようにしたら出てきた。


<iframe src="http://maps.google.co.jp/maps?hl=en-us&ie=UTF8&hq=&ll=35.659514, 139.700498&&amp;z=16&amp;iwloc=A&amp;output=embed&amp;" width="425" height="350"></iframe>

ソースの中の緯度経度を目的地に変更する

英語併記

src=”http://maps.google.co.jp/maps?hl=en-us&ie=UTF8&hq=&ll=(緯度経度)&&z=16&iwloc=A&output=embed”

日本語

src=”http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja_jp&ie=UTF8&hq=&ll=(緯度経度)&&z=16&iwloc=A&output=embed”

緯度経度を知るには目的地をGooglemapで表示して、目的地の上で右クリック→この場所について で取得。

緯度経度はGooglemapでピンの上で右クリック
目的地上で右クリックしろ☆

英語で地名を表示したものが出したくて調べ始めたけど「API取得して~」が面倒だなと思ったんだけど、これでできるなら小規模なサイトには全部これでやった方がいいかなって思った。

WordPressからTwitterの連携はNextScripts: Social Networks Auto-Posterが良い

WordPressからTwitterの連携はNextScripts: Social Networks Auto-Posterが良い

wordpressに投稿したら自動でtwitterにも投稿したく、WP to Twitter と WordPress Popular Posts を試してみたんだけど、
今回使ってみたNextScripts: Social Networks Auto-Posterを使ってみたらとても良かった。

記事内の画像がツイートに埋め込んだ(表示されてる)状態でポスとされるから!
しかも設定もとくに変える箇所がなく、英語だけどなんとなくで進んでいけた。

wordpressのデフォルトの画像回り込みのCSS

wordpressのデフォルトの画像回り込みのCSS
自作のテーマなどの時に忘れてしまいがちなのでメモ

[CSS]
img.centered {
display: block;
margin-left: auto;
margin-right: auto;
}

img.alignright {
padding: 4px;
margin: 0 0 2px 7px;
display: inline;
}

img.alignleft {
padding: 4px;
margin: 0 7px 2px 0;
display: inline;
}

.alignright {
float: right;
}

.alignleft {
float: le
[/CSS]

wordpressで挿入画像のサイズ選択肢を増やしたい

wordpressで挿入画像のサイズ選択肢を増やしたい

/*************イメージサイズの追加*************/
function add_custom_image_size_select( $size_names ) {
    global $my_custom_image_sizes;
    $custom_sizes = get_intermediate_image_sizes();
    foreach ( $custom_sizes as $custom_size ) {
        if ( isset( $my_custom_image_sizes[$custom_size]['selectable'] ) && $my_custom_image_sizes[$custom_size]['selectable'] ) {
            $size_names[$custom_size] = $my_custom_image_sizes[$custom_size]['name'];
        }
    }
    return $size_names;
}
add_filter( 'image_size_names_choose', 'add_custom_image_size_select' );

function add_custom_image_sizes() {
    global $my_custom_image_sizes;
    $my_custom_image_sizes = array(
        'size-A' => array(
            'name'       => 'カスタムサイズ-幅300高さ200', // 「メディアを挿入」での名称
            'width'      => 300,    // 画像の最大幅
            'height'     => 200,    // 画像の最大高
            'crop'       => false,  // 切り抜き
            'selectable' => true   // 「メディアを挿入」での選択可否
        ),
        'size-B' => array(
            'name'       => 'カスタムサイズ-幅430高さ280',
            'width'      => 430,
            'height'     => 280,
            'crop'       => false,
            'selectable' => true
        ),
        'size-C' => array(
            'name'       => 'カスタムサイズ-幅550高さ370',
            'width'      => 550,
            'height'     => 370,
            'crop'       => false,
            'selectable' => true
        ),
    );
    foreach ( $my_custom_image_sizes as $slug => $size ) {
        add_image_size( $slug, $size['width'], $size['height'], $size['crop'] );
    }
}
add_action( 'after_setup_theme', 'add_custom_image_sizes' );

size-custom

WordPressカスタムページばっかりで作ったサイトの[メモ]

ベーシック認証でパスワードをかけて閲覧制限しながら本番環境で開発するということにした。

ベーシック認証は、プラグイン 「Password Protected」 を使うことにした。

ますは本番環境の中に開発環境になるフォルダを作りそこへwordpressをインストールする。

作成途中だけどテーマもアップロードする。

最初にいくつかのプラグインを入れる。

ベーシック認証
Password Protected

問合せ
Contact Form 7
Flamingo
お問い合せリスト

こまい設定
WP-Total Hacks

リンク切れ
Broken Link Checker

WordPressの検索ボックスで、Webサイト閲覧者が何のキーワードで検索しているかを記録・閲覧
Search Meter

301リダイレクトを管理
Redirection

ログイン試行回数を制限
Limit Login Attempts
管理画面のログイン履歴
Crazy Bone

エディタ
Ultimate TinyMCE

Front-end Editor

WordPressのHTMLタグの自動除去
PS Disable Auto Formatting

全部入れたら次はカスタムテンプレートとの連携をする

Sublime text3 に入ってるプラグイン[メモ]

        “AdvancedNewFile”,
        “AutoFileName”,
        “BracketHighlighter”,
        “Compass”,
        “ConvertToUTF8”,
        “Emmet”,
        “HTML5”,
        “HTMLBeautify”,
        “IMESupport”,
        “Package Control”,
        “SFTP”,
        “SublimeLinter-phplint”,
        “SublimeOnSaveBuild”,
        “Syntax Highlighting for Sass”,
        “Theme – Farzher”,
        “Theme – Soda”,
        “TrailingSpaces”