Jcom 解約は電話でする

Jcomの解約がHPからできないことは知ってた。有名だから。
Jcomはこーいうところをちゃんと最後までサポートするべきだよね。
縁があれば戻ってくるんだから。

Jcomをなんで利用していたかというと、急な引越しの必要があって、引っ越してすぐにネットにつなげる環境を求めた時に翌日に工事に来れたのがJcomだったからなんだけど
ケーブルテレビもほとんど見ないし、最近はケータイがあれば家の電話もいらないね。
ただ、家電は子供が学校に行っている間はひいいておくかと思う程度。

JCOM解約だけど、ホームページには解約をお考えの方へ→サービスの案内→解約をお考えの方へ って感じで無限ループです。
0120999000に電話でも⚪︎⚪︎の方は1番、⚪︎⚪︎の方は2番 みたいな案内に解約は出てこないので、適当に番号を押してさっさとオペレータを出す必要があり、さらに解約と申し出るとこちらは「⚪︎⚪︎窓口でして、、、、」のような無意味なジャブを繰り出され、「解約っていう案内がなかったんですけど」って言いたいけど時間の無駄なので我慢するという。

そして、すぐに撤去の日程は決まらない。
今日かけたけど折り返しの電話がまだないから、いつになるのかわからない。
ほんと、こーゆーの直せば戻りたくなるのかもしれないのにと思います。

Duplicator を使って 本番環境のコピーをローカル(ISWP)に作る

Duplicator を使って 本番環境のコピーをローカル(ISWP)に作る

お客様で運用開始してしばらくして、wordpressの修正が必要になったので最新のコピーをローカルに作りました。
楽しようとしてプラグインのDuplicatorを使いたいのに、ISWPのローカルで実行すると接続できないと出て進めなくなった。
簡単なことで実行できるようになったのだけど、忘れてしまうので書いておこう。

1、本番(さくらサーバー)にプラグインの「Duplicator」をインストール 有効化してパッケージを作ってそいつを開発用USBメモリの中のwordpressのルートに静かに入れる。
文字列.zipとinstaller.phpの二つ。

2、ISWPを起動して、http://127.0.0.1:4001/wordpress/installer.php にアクセス。
ホスト localhost
名前 wordpress
ユーザ root
パスワード 空

Server=localhost; Database=wordpress1; Uid=root; Pwd=; Port=3306
インスタントワードプレスだと、接続テストのところでこける
ポート3306のどうのこうのと出る。

その時はpms_config.iniをなおす必要がある。
ドライブ名:InstantWP_4.3iwpserverpms_config.ini
MySQLPort=7188 ところを、 MySQLPort=3306 に変更する

変えたら、INSTANT WORDPRESSを一度閉じて再起動しないと反映されない。
これでできているはず。
これでローカル<-->本番 の行ったり来たりが楽にできるようなりました。

Hulu使い始めて3週間。

Hulu使い始めて3週間。

最近Huluに登録した。
ついでにJcomをやめてAUひかりにしてスマートバリュー維持のまま電話と通信費を安くしようとしてる。
Jcomも、土日の少しの時間しか見ることがなかったし、HDDの容量は少ないし、結構すぐに壊れるし(2回交換した)
映画もすごく見たいのが多いとかではないし、ラインナップはいまいちで映画目当てならやっぱり別にスカパーとか入らないとかなという感じ。
録画しておいて後で見ようと思っても録画できる容量が少ない。ブルーレイ付きのHDD、これを借りるのに月2500円くらいかかってる。
プロバイダとテレビと電話で7千円ちょいだったか、合計1万円近く払っていたので急にもったいなくなったから。

ほんと、考えてみたら土曜の午後に猫のしつけする刺青のロッカーみたいなおじさんを見たり、
月1~2回はこれ見ようかなと思う映画があってみたりするくらいだった。
こんな私にはたくさんのチャンネルはいらないので、AUひかりでソネットにして、あとは固定電話に適当な番号がもらえて、Huluで海外ドラマが見れたらそれでOKかな。
月4千円くらいは節約か。
JcomからAU光だとほぼ電話番号の持ち込みはダメだろうと思っていたらやっぱりダメだった。番号が変わるのは周りにお知らせするのが面倒。
そもそもいまどき固定電話がいるのか、少し考えたけれど子供が学校に行っている間はあったほうがいいだろうと思うことにした。
でもいまどきは携帯だけのお宅も少ないけどクラスに何人かいるからね。

Huluはかなりいい。今使い始めて1か月ほど。
何かをリビングのテレビで見てて、就寝前にはipadで続きを見て、通勤中にはiphoneで見て…これやりたかったのよ、って感じ。
それにレンタルしてきた円盤と違って、長々した他の作品の予告とか宣伝を見なくていい。
動画がとまることはほぼない。
見はじめてイマイチかなって思ったらすぐにやめて次が見れるし。気軽。

あと、注文から6日で13インチのMacbookProがきた。Macbookair11インチと比べると、大きいけど現状airもそんなに持って歩かなかったので問題ない。
何しろこたつやおぜんで作業するのにちょうどいい。
家に合計5台のMacがあるけど気にしない。

でもブルーレイがなくなるのは少し気になる。
新しく買おうと思うけど、決めるの難しい。
テレビはレグザなのでとーしばがいいのだろうか。
量販店で延長保証付で買おうか。

CROWD WORKSに登録してみた

CROWD WORKSに登録してみた

先月,クラウドワークスに登録して何かできそうな仕事がないかなと探してみた. いろいろな案件があるんだろうけど,何しろ全部ざっくりしか書いていないし,明らかに釣りみたいな案件も載ってたりして面白い. 最初に6件応募してみて様子見していたら,一件声をかけてくれた会社があって,ホームページ運用の仕事を副業でゲット. 更新は細かいのが月に1〜2回あるくらいのような感じ. 「急募!」とか「至急」と「継続案件」のワードで案件を載せていた人のにも応募したんだけど すぐメッセージが帰ってきて,クラウドワークス以外のメッセージツールで連絡をすると言われ メッセンジャーを教えたら,どんどん素材や原稿を送ってきて,契約も金額も曖昧なのに「とりあえず始めててください」 とかいうふざけた人もいたので,ありがちな釣りにすぐぶつかれて,ある意味期待通りだったw 仮払いというのが完了しないとお金が入ってくる保証がないらしいのだけど,奴がその手前「仮払いを始めました」みたいなステータスで止めてるもんだから,こちらは作業をしなかったんだけど何人に一人か騙せるのか?なんかそんなに美味しくなさそうだけど. 私だったら作ったデータを送って,クラウドワークス経由で入金がされずトンズラとかされたら,そのサイト自体にも問い合わせとか超しちゃうかもしれない. すぐ違反報告?通報したけど. 実際に動いているサイトの現行のものか,リニュアルと思える原稿や素材だったので該当のサイトに御愁傷様ですと言いたい. 他の応募者にも同じように垂れ流しているかもしれない. 「急募!」とか「至急」と「継続案件」には注意しようと思う今日此の頃です. あと,時給制の仕事だと変なタイムカードのアプリを使うことが進められているんだけど,MACで使うとタイムカード使用後にキーボードが反応しなくなって何もできなくなるの勘弁してほしい. これ使わないといけないって,拷問みたい.MAC調子悪くなったらどうしてくれるのだー?

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル を買った

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル を買った

MacbookAirが充電できない.
去年もなったなぁ.→バッテリー高いよね→4年使ったし新調しようかな,と
MacbookAir眺めに行ったのにね,おかしいな.気づいたらMacBookPro買ってた.死ぬ.

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル ¥196,800

システム構成:
• 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
• 16GB 1,866MHz LPDDR3 SDRAM
• 256GBフラッシュストレージ(PCIeベース)
• 感圧タッチトラックパッド
• Force Touch trackpad
• バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル(日本語)
• アクセサリキット

買いました.高いなぁ.しょうがない.仕事頑張るぞ,と

アップできない拡張子のファイルをWordPressでアップできるようにする

アップできない拡張子のファイルをWordPressでアップできるようにする

お客さんが「イラストレータの元ファイルをとっておきたいから 
.ai のファイルをWPのメディアにアップしようとしたらエラーが出た!
ホームページ壊れてるよ!!」っていうので対応しました。

ふつーにWordpressに.aiのファイルをアップしようとしたら
「このファイルタイプはセキュリティの観点から許可されていません。」
ってエラーが出ます。
たぶん.exe とかも出ると思うけど。

そんな時はテーマフォルダのfunctions.phpに許可しますって書けばOK
function my_ext2type($y_ext2type) {
array_push($y_ext2type, array('image' => 'ai');
array_push($y_ext2type, array('image' => 'psd'));
return $y_ext2type;
}
add_filter('ext2type', 'my_ext2type');


function custom_mime_types( $mimes ) {
    $mimes['ai'] = 'image/ai';
    $mimes['psd'] = 'image/psd';
    return $mimes;
}
add_filter( 'upload_mimes', 'custom_mime_types' );

念のため許可されているものをはじくようにしたい場合は

function custom_mime_types( $mimes ){
    unset( $mimes['jpg'] );
        unset( $mimes['gif'] );
    return $mimes;
}
add_filter( 'upload_mimes', 'custom_mime_types' );

もしこうしたら .jpg と .gif で
「このファイルタイプはセキュリティの観点から許可されていません。」が出るわけ。

終わって連絡したら
「なんだ壊れてなかったのかぁ♡」と喜んでもらえてよかったです。