2017新型iMac Pro きたあああああああ

2017新型iMac Pro きたあああああああ

一回買わなかっただけでこんなに間が空くと思わかなった。
最近では勝手にスリープするし
保存したらアプリが落ちるし
もうmid 2011 ではイライラが募って病気になりそうだった

起動する、うんこして帰ってきてまだ起動中とか
最近変更してないのにジャーンって言わなくなったし
aaaaaahhhhhhh!!ってなってた
ファイルを開いただけで落ちるAdobeとか
年がら年中蛍光灯の消えかけみたいにちらつくディスプレイとか。

だからってウィンドウズのパソコンをゲーム用以外でスペックの高いのを買いたくない。

でも、でも、この6/6で発表されなかったらwindows で買うしかないなって思ってた。

今も、画面がチラチラちらつくよ!

本当にあああああああああああああああ、嬉しい。
早く買いたい。

問題は12月まで私のimac27 mid 2011 持たなさそうってことだけ

iMac2017

なので 新iMac 27inch を買おうと思います

iMac 27inchi 2011 mid が突然真っ白になった

iMac 27inchi 2011 mid が突然真っ白になった

その日はブルーレイレコーダーのことを調べてて、パナソニックのディーガがいいな、とかテレビがとーしばだからREGZAで揃えたらいいことあるのかな? とか思って調べてた。価格コムとか、家電ブログとかで。 ページ内のリンクをクリックしたら画面が「パチッパッチ」と蛍光灯をつけた時みたいになった感じがして 「??」と思いつつもう一度クリックしたら、画面が真っ白、いや薄い灰色、になってそれっきりになってしまった。 仕方なく電源長押しで再起動。 アップルマークが出てプログレスバーが3分の1ほど進むと、すっと落ちる。 PRAMクリアとかSMCリセットとか リカバリディスクで起動とかやったけどどれもアップルマークが出てプログレスバーが3分の1ほど進むと、すっと落ちてしまう。 落ちるとただのうすい灰色の画面で「通電はしてるよ!!」みたいな雰囲気でしかない。 それで仕方ないので、アップルのサイトから電話のサポートを申込みして、電源抜いて寝ました。 なんか、クラウドワークスの時給のアプリを入れたあたりから調子悪かった。あのアプリのせいかもしれない。 時給の仕事ができないじゃないか。つか、時給の仕事なんてやめるか!! とかプンスカしながら寝た。 結局翌日の指定した時間にフレンドリーサポーターみたいなお兄さんとやり取りして、 PRAMもSMCも一通り済んでるみたいな感じでオンラインのリカバリツールを使うのを試して それすら起動できなくて修理の依頼になった。 一律料金高い。仕方ない。 このiMacはなんか、初期のころにディスプレイに灰色の場所があって二回そこを交換してもらっているし 後なんだったか忘れたけど保証がある間に一度修理に出してるから、今回はアップルサポートも切れたしMacbookPro買ったし、、、仕方ないか。 それで、黒猫の人がでかい箱を持ってきてくれて、本体だけ玄関で渡して、いったんサヨナラ 4/4の午前に電話サポートして4/5の夕方に修理に出して 4/7朝にに到着したよメールが来て、4/8の朝にもう返送したよメールが来て あとは黒猫の配達で確認してね!って書いてあって、無事終わったようだ。 ペースを考えたら早くて明日受け取れるのかも。受け取る時間ないけど。 毎回、imacの修理は大変なのは玄関に運ぶことくらいで、修理も早くて満足してる。 一日で終わって帰ってくるということは、何か交換する程度でOKだったんだろう。 おそらくHDDがフォーマットされて帰ってくるような予感もする。 それだったら、HDDだけ新しいのにかえてくれないかな。 appleの修理状況の確認ページには「ついたよ」「修理してるよ」「終わったよ」 だけなので、何をしたのかは届いて明細を見ないと、わからない。

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル を買った

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル を買った

MacbookAirが充電できない.
去年もなったなぁ.→バッテリー高いよね→4年使ったし新調しようかな,と
MacbookAir眺めに行ったのにね,おかしいな.気づいたらMacBookPro買ってた.死ぬ.

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル ¥196,800

システム構成:
• 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
• 16GB 1,866MHz LPDDR3 SDRAM
• 256GBフラッシュストレージ(PCIeベース)
• 感圧タッチトラックパッド
• Force Touch trackpad
• バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル(日本語)
• アクセサリキット

買いました.高いなぁ.しょうがない.仕事頑張るぞ,と

カーネルパニック&再起動が続く…

結局AppleJackをつかったけど、仕事に出かけて帰ってきたら再起動されていました。「予期せぬなんちゃらで再起動しました」適なメッセージでレポート送信のボタンつきのやつも出てて。

なーんだーとー!と思って次の手をアップルのサポートに聞く。

アップルのスペシャルなお兄さんが言うには、別のアカウントでログインしてしばらく使ってみて、症状が出なかったらOSのせいではないので、アカウントの引越しをする。
症状が出たらOSの再インストールだよ。 とのこと。

別のアカウントというのは購入すぐに作ったままほったらかしのアカウントがあるのでそれでもいいの?と聞いたら「よろしい。」とのことなのでそれを使ってログイン。

とりあえず、一日は起動して使用→スリープ→使用→スリープ・・・と再起動もパニックも起こらずいい感じ。
このまま2週間くらい使って問題なければアカウントの引越しをしよう。

「症状が出ても出なくても次のアクションの前に電話して!!」とお兄さんが言うのでそうしようと思います。

アップルって親切だよね。

MSにはなさそうなサポートだしやっぱりメインはMACだなぁと思うGWの真ん中でした。

カーネルパニック スリープが原因?

今日は久しぶりに美容院へ行きましたが、若いお兄さん美容師が「昭和の日って何のための休みですか?」とおばちゃんに向かって聞くので、「今の天皇陛下の前の天皇陛下の、昭和天皇の誕生日だった日ががみどりの日になって、みどりの日が何年か前に昭和の日になったのだ」と言ってついでに「文化の日は明治天皇の誕生日です」といったら、皇室マニアですか?といわれてしまいましたー。ただの世代の差だと思うー。。。

それで、このところ、カーネルパニックが出て、気づくとマックが再起動していることが多くて。
どうやら、長い外出の後や寝て起きたらなってる。
使ってる最中はならない。
スリープするとなってるような。気のせいかも。でもスリープ、、、

んで。先週はアップルのサポートに電話しちゃいました。
言われたのはセーフモードで起動とPRAMクリアでしたが、実はもうそんなこと一通りやったよ!といえずに電話しながら一通りやりました。

しばらく周辺機器をはずして様子を見たんだけど、仕事にならなくって。
今日はAppleJackをインストールしてメンテしてみました。

インストールしたら 片手で command と キーボードの S キーを同時におしながらもう片方の手で電源ボタンを押して。
真っ黒の画面で起動したら
しばらく待ってとまったかなというころに applejack auto reboot とタイプしてリターン。

ずららずららと、英語のメッセージが出てきました。
そしたら、もう待つ。

とまったのか?と思ってみてみたら ! で始まるアラーとが1回黄色の文字で表示され、「なんかのフォルダがない」ような感じだったと思う。

何か押さないと、先に進まないようだったので適当に長い文字列を打ってリターン。

また。ずらりずらりと文字が躍って、勝手に再起動。

とりあえず今のところスリープしても再起動されていない。

まだ、安心できない。この前はタイムマシーンでだいぶ前に復元してみたけど、2日くらいでまたカーネルパニックしてたからね。。。

壊れちゃったら、困るなぁ。

今度はアップルローンで買おうかな、などと思う昭和の日の終わりでした。

Macでスクリーンショット(キャプチャ)する

Macでスクリーンショット(キャプチャ)する

Macでスクリーンショットをとろうと思うとき、大体

デスクトップ画面全部:command+Shift+3

選択したところだけ撮る:command+Shift+4

これだけあればとりあえず事足ります。

私は、いつも選択したところだけ撮る:command+Shift+4で撮っています。

command+Shift+4だけ覚えておけば、よけいなところを映さなくてすむのでおすすめです!

そしてページスクロールして全部撮りたい・・・時だけchoromeのプラグインWebpage Screenshotを使用しています。

ページ全部撮りたいというときは、大体仕事で資料を作成するときですかね。

すっごい昔は何個もキャプチャしてFireworksとかでつなぎ合わせていた事があります。10年も昔ですけど。

今日は昨日からの雪のおかげで外では子供達が競って雪だるまを作っていて微笑ましかったです。

東京ではなかなか無い雪の量でした。土日だったのでサラリーマンな私は少しほっとしたのでした。