2017新型iMac Pro きたあああああああ

2017新型iMac Pro きたあああああああ

一回買わなかっただけでこんなに間が空くと思わかなった。
最近では勝手にスリープするし
保存したらアプリが落ちるし
もうmid 2011 ではイライラが募って病気になりそうだった

起動する、うんこして帰ってきてまだ起動中とか
最近変更してないのにジャーンって言わなくなったし
aaaaaahhhhhhh!!ってなってた
ファイルを開いただけで落ちるAdobeとか
年がら年中蛍光灯の消えかけみたいにちらつくディスプレイとか。

だからってウィンドウズのパソコンをゲーム用以外でスペックの高いのを買いたくない。

でも、でも、この6/6で発表されなかったらwindows で買うしかないなって思ってた。

今も、画面がチラチラちらつくよ!

本当にあああああああああああああああ、嬉しい。
早く買いたい。

問題は12月まで私のimac27 mid 2011 持たなさそうってことだけ

iMac2017

なので 新iMac 27inch を買おうと思います

この内容は Takumi Hirashima Artworks の http://hirashimatakumi.com/blog/7.html コピーです。

WordPress のプラグイン Advanced custom field の表示方法を紹介します。
Advanced custom field(以下ACF)は WordPress で柔軟なカスタムフィールドを制作できる便利なプラグインです。
この投稿では、基本的な表示方法から取得の際の注意点や、表示されない時の対処方法などを紹介していきます。

1.基本的な表示方法と注意点

まずはACFの基本的な表示方法と表示されない時の対処方法や注意点などを紹介します。

投稿のフィールド値の取得と表示方法

投稿に入力されているフィールド値を表示する場合は the_field() を使用します。

<?php the_field('text_field'); ?>

フィールド名を変更する場合は the_field('text_field') 内のフィールド名 text_field を変更します。
フィールド値を取得したい場合は get_field() を使用します。

<?php $text_field = get_field('text_field'); ?>
取得した値を表示したいときは echo を使います。
<?php echo $text_field; ?>

別の投稿のフィールド値を表示

別の投稿のフィールド値を取得する場合は フィールド名の後にポストIDを指定することでフィールド値を取得できます。
例えば、特定の固定ページに入力されているフィールド値を表示したい場合は、フィールド名の指定の後に該当ページのページIDを指定します。
次コードは、ページIDが 123 の場合の表示方法です。

<?php the_field('text_field',123); ?>

現在表示しているページの親ページIDを取得するには WordPress 直上の親ページのIDやスラッグを取得をご覧ください。

オプションページからフィールド値を取得

ACF のアドオン Options Page(オプションページ)を使ってフィールド値を取得して表示する場合は、フィールド名の後に option を追加します。

<?php the_field('text_field','option'); ?>

または

<?php the_field('text_field','options'); ?>

ACF のアドオンオプションページを使用する場合は option または options を追加します。
オプションページから値の取得がうまくいかない場合はこの項目を確認しましょう。
オプションページの詳しい表示方法は、Advanced Custom Feld のアドオン Options Page の表示方法をご覧ください。

条件分岐を使った表示方法

条件分岐を使った表示方法を紹介します。
次のコードは、if 構文を使った場合の表示方法です。

<?php if(get_field('text_field')): ?>
<?php the_field('text_field'); ?>
<?php endif; ?>

if 構文の時には代入演算子を使うと便利です。
代入演算子を使う場合は必ず get_field() を使います。

<?php $text = get_field('text'); if( $text ): ?>
<?php echo $text; ?>
<?php endif; ?>

if 構文をシンプルにするなら次のような方法もあります。

<?php $text = get_field('text_field'); if( $text ){ echo $text; }?>

Repeater Field のフィールド値を表示

ACF の有料アドオン Repeater Field(リピーターフィールド)を使う場合は the_sub_field() を使います。
Repeater Field の詳細は、Advanced Custom Feld のアドオン Repeater Field の表示方法をご覧ください。

<?php the_sub_field('sub_field_name'); ?>

代入演算子を使う場合は get_sub_field() を使います。

<?php $sub_field_name = get_sub_field('sub_field_name'); ?>

リピーターフィールドの取得がうまくいかない場合は the_sub_field()get_sub_field() になっていることを確認しましょう。

注意点

ACF を使う上での注意点をリストアップしました。
フィールド値が表示されない場合は次の点を確認してみましょう。

  • the_fieldget_field の使い所を間違えている
  • リピーターフィールドの表示で the_fieldthe_sub_field の使い所を間違えている
  • オプションフィールドの表示で option を書き忘れてしまう
  • そもそも指定しているフィールド名が合っていない
  • 画像オブジェクトの返り値の指定が表示の指定と合っていない

などなど

リピーターフィールドや柔軟コンテンツ内で、フィールド値を取得や表示する場合は the_sub_field になります。
これを間違えて「あぁ、表示されない!」ってことがよくあるので気をつけましょう。
次は実践的な表示方法をを紹介していきます。

2.テキストフ​​ィールドの表示

フィールドタイプ「テキスト」「テキストエリア」「数値」「メール」「パスワード」の表示方法を紹介します。
このフィールドタイプは単一の文字列値を格納するのに適しています。

<?php the_field('text'); ?>

3.画像フィールドの表示

画像フィールドの表示方法を紹介します。
テキストフィールドと同じくらい頻繁に使うのが画像フィールドです。
フィールドの表示と取得方法が何通りかあるので、使用する場面を見て使い分けていきましょう。

画像の表示(返り値:オブジェクト)

<?php $image = get_field('image'); if( !empty($image) ): ?>
<img src="<?php echo $image['url']; ?>" alt="<?php echo $image['alt']; ?>" />
<?php endif; ?>

画像の登録が絶対にあるならシンプルにこんな書き方もできます。

<img src="<?php $image = get_field('image'); echo $image['sizes']['medium']; ?>" />

画像の URL やタイトルなどを個別に取り出す場合はこちら。

<?php
$image = get_field('image');
if( !empty($image) ):
// 画像から各種値を取り出す
$url = $image['url']; // URL
$title = $image['title']; // タイトル
$alt = $image['alt']; // 代替テキスト
$caption = $image['caption']; // キャプション
$description = $image['description']; // 説明
// thumbnail
$size = 'thumbnail'; // 画像サイズ thumbnail(サムネイル), medium(中サイズ), large(大サイズ), full(元画像)
$thumb = $image['sizes'][ $size ];
$width = $image['sizes'][ $size . '-width' ]; // 横幅
$height = $image['sizes'][ $size . '-height' ]; // 高さ
?>
<a href="<?php echo $url; ?>" title="<?php echo $title; ?>">
<img src="<?php echo $thumb; ?>" alt="<?php echo $alt; ?>" width="<?php echo $width; ?>" height="<?php echo $height; ?>" />
</a>
<p>
<?php echo $caption; ?>
<?php echo $description; ?>
</p>
<?php endif; ?>

画像の表示(返り値:URL)

次のコードは、画像の返り値がURLの場合の表示方法です。

<?php if( get_field('image') ): ?>
<img src="<?php the_field('image'); ?>" />
<?php endif; ?>

画像の表示(返り値:ID)

次のコードは、画像の返り値がIDの場合の表示方法です。

<?php
$image = get_field('image');
$size = 'full'; // (thumbnail, medium, large, full or custom size)
if( $image ) {
echo wp_get_attachment_image( $image, $size );
}
?>

画像の登録が絶対にあるならシンプルにこんな書き方もできます。

<?php echo wp_get_attachment_image(the_field('image'),'large'); ?>

4.チェックボックス・ラジオボタンフィールドの表示

チェックボックスフィールドとラジオボタンフィールドの表示方法を紹介します。

値が一つの場合

チェックボックスフィールドとラジオボタンフィールドで値が一つの場合の表示方法を紹介します。
次のコードは、フィールド名が colors 登録している値とラベルが red:赤 の場合に値 red を表示します。

<?php the_field('colors'); ?>

値が複数の場合

チェックボックスフィールドで登録した値が複数の場合の表示方法です。
次のコードは、フィールド名が colors 登録している値とラベルが red:赤 blue:青 green:緑 の場合に red,blue,green, を表示します。

<?php
$colors = get_field('colors'); // 値の代入
if( $colors ){
echo implode(', ', $colors); // 配列要素を文字列「, 」で連結して表示
}
?>

値をタグなどで囲む場合は次のような方法があります。
次のコードは、フィールド名が colors の場合に項目をリストにして表示する方法です。

<?php $field = get_field('colors'); if ($field): ?>
<ul>
<?php foreach( $field as $value ): ?>
<li>
<?php echo $value; ?>
</li>
<?php endforeach; ?>
</ul>
<?php endif; ?>

条件付きで表示する場合

チェックボックスフィールドとラジオボタンフィールドで値を条件付きで表示する方法を紹介します。
フィールド名が colors 登録している値が red:赤 の登録があるかどうかを判別して表示する方法です。

<?php if(get_field('colors') == 'red') { echo 'red'; } ?>

ラベルを取得する場合

ラジオボタンフィールドでラベルを取得して表示する方法を紹介します。
次のコードは、フィールド名が colors 登録している値とラベルが red:赤 の場合にラベル赤を表示します。

<?php
$field = get_field_object('colors');
$value = $field['value'];
$label = $field['choices'][ $value ]; // ラベルを取得
echo $label; // ラベルを表示
?>

チェックボックスフィールドでラベルを取得して表示する方法を紹介します。
次のコードは、フィールド名が colors 登録している値が red:赤 の場合にラベル(赤)を表示します。

<?php
$field = get_field_object('colors');
$colors = $field['value'];
if( $colors ){
foreach( $colors as $color ){
echo $field['choices'][ $color ];
}
}
?>

5.セレクタフィールドの表示

セレクタフィールドの表示方法を紹介します。
セレクターフィールドはチェックボックスとラジオボタンに似た表示方法になります。

値が一つの場合

セレクターフィールドで値が一つ場合の表示方法を紹介します。
次のコードは、フィールド名が colors 登録している値とラベルが red:赤 の場合に red を表示します。

<?php the_field('colors'); ?>

値が複数の場合

セレクターフィールドで登録した値が複数の場合の表示方法です。
次のコードは、フィールド名が colors 登録している値とラベルが red:赤 blue:青 green:緑 の場合に red,blue,green, を表示します。

<?php
$colors = get_field('colors'); // 値の代入
if( $colors ){
echo implode(', ', $colors); // 配列要素を文字列「, 」で連結して表示
}
?>

条件付きで表示する場合

セレクターフィールドで値を条件付きで表示する方法を紹介します。
フィールド名が colors 登録している値が red:赤 の登録があるかどうかを判別して表示する方法です。


<?php if(get_field('colors') == 'red') { echo 'red'; } ?>

次のコードは、値が複数の場合の表示方法です。

<?php
if(in_array('red', get_field('colors'))) {
echo '選択したのは red です';
} elseif(in_array('blue', get_field('colors'))) {
echo '選択したのは blue です';
}
?>

ラベルを取得する場合

セレクトフィールドのラベルを取得して表示する方法を紹介します。
次のコードは、フィールド名が colors 登録している値とラベルが red:赤 の場合にラベル赤を表示します。

<?php
$field = get_field_object('colors');
$value = $field['value'];
$label = $field['choices'][ $value ]; // ラベルの取得
echo $label; // ラベルを表示
?>

6.投稿オブジェクトの表示

投稿オブジェクトを表示する方法を紹介します。

投稿オブジェクトが一つの場合

次のコードは、フィールド名が post_objects の場合に、投稿のタイトル・リンク・アイキャッチ画像を表示します。

<?php $post_objects = get_field('post_objects'); if( $post_objects ): // 投稿オブジェクトの取得 ?>
<a href="<?php echo get_permalink($post_objects->ID); // ID指定でリンクを取得 ?>">
<?php if ( has_post_thumbnail($post_objects->ID)): //アイキャッチ画像があれば ?>
<?php //アイキャッチ画像の取得
$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id($post_objects->ID); // アタッチメントIDの取得
$image = wp_get_attachment_image_src($thumbnail_id,'full'); //「full」サイズのアイキャッチの情報を取得
$src = $image[0];    // URL
$width = $image[1];  // 横幅
$height = $image[2]; // 高さ
echo '<img src="'.$src.'" width="'.$width.'" height="'.$height.'" />';
?>
<?php else: //画像がない場合 ?>
<img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/img/nowprinting.png" alt="nowprinting" />
<?php endif; ?>
<?php echo get_the_title($post_objects->ID); //タイトルの取得 ?>
</a>
<?php endif; ?>

投稿オブジェクトが複数の場合(グローバル変数へセットする場合)

グローバル変数へセットすることで、通常の投稿と同じような関数で値を取得することができます。
ここで重要なのは、グローバル変数へセットした時は必ずポストオブジェクトをリセットすることです。
ここでポストオブジェックトをリセットしないと、ページの残りの部分が正常に動作しない場合があります。

<?php $acf_post_objects = get_field('post_objects'); if( $acf_post_objects ): ?>
<ul>
<?php foreach( $acf_post_objects as $post): // ループの開始 ?>
<?php setup_postdata($post); // 重要! setup_postdata でポストオブジェクトを呼び出します ?>
<li>
<a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a>
<span>カスタムフィールド<?php the_field('field_name'); ?></span>
</li>
<?php endforeach; // ループの終了 ?>
</ul>
<?php wp_reset_postdata(); // ページの残りの部分は正常に動作するように、ポストオブジェクトをリセットします ?>
<?php endif; ?>

投稿オブジェクトが複数の場合(グローバル変数へセットしない場合)

グローバル変数へセットしない場合は投稿IDから各種値を取得します。

<?php $acf_post_objects = get_field('post_objects'); if( $acf_post_objects ): ?>
<ul>
<?php foreach( $acf_post_objects as $acf_post_object): // ループの開始 ?>
<li>
<a href="<?php echo get_permalink($acf_post_object->ID); ?>"><?php echo get_the_title($acf_post_object->ID); ?></a>
<span>カスタムフィールド:<?php the_field('field_name', $acf_post_object->ID); ?></span>
</li>
<?php endforeach; // ループの終了 ?>
</ul>
<?php endif;?>

7.デイトピッカーの表示

デイトピッカーフィールド(日付)の表示方法を紹介します。

基本の表示

次のコードは、フィールド名が date の場合の表示方法です。

<?php the_field('date'); ?>

高度な表示

表示される日付の値をカスタマイズしたい場合は、次のように調整することが可能です。
次のコードは YYYYMMDD の形式で保存された生の値を取得し、それを修正するために数値を変換する方法です。

<?php
$date = get_field('date', false, false); //値の取得
$date = new DateTime($date); //日付オブジェクトの作成
echo $date->format('j M Y'); //日付の表示
?>

その他

その他に、直接日本語表記に変更したい場合は、管理画面で以下のフィールドの設定を任意で変更してみましょう。

Display Format
表示フォーマット
管理画面に表示されるときの日付形式を入力します。年月日を入れて値を返したい場合は「yy年m月d日」とするのがよいでしょう。
Return format
フォーマットを保存する
表示される値の日付形式を入力します。値は常にDBでYYYYMMDDとして保存されることに注意してください。年月日を入れて値を返したい場合は「yy年m月d日」とするのがよいでしょう。
Week Starts On
週の開始
週を開始する曜日を指定します

在宅業務開始 目の疲れに効きそうな本を購入

在宅業務開始なのに今日は打ち合わせが2件あり出かけ。
途中自由が丘の駅ナカRankinRanikn(みたいな名前の)店でリップと目の疲れを取るアイマスクなるもがついてる
目を温めると体がよみがえる という本を買った。
つけて寝るだけ温感アイマスクというのが付いてた。

買った後でよもよく考えると光の目覚ましで起きてる私にはアイマスクはダメなんじゃ・・・?と思ったり
とりあえず週末だけつけてみるか。

寝る薬を飲むと始終眠いけど飲まないと眠りが浅いので困る

今日の失敗。
打ち合わせに持って行ったアイパッドに電池がない。
充電用モバイルバッテリーも充電されてなかった。

大変、間抜けだ。一日中重いだけだった

歩いたり日に当たったり重かったり、今日はいつもより体が痛い。
今日は会社に行ってる時より痛い。

お風呂であったまって、肩もレンチンするやつであっためて、なんとか持ち直したい。

ECサイトを幾つか作成した感想

案件2件・・・Wordpressとwelcart
ペットグッズ販売
飲料販売の通販サイト

案件2つ・・・ECキューブ3
スキンケア化粧品サイト
干物の通販サイト

案件1件・・・Magento
衣料品通販サイト

この中でやっぱり作りやすいのはECキューブ3
次がWordpress+Welcart

もうやりたくないのはMagento
何をするにも利用数が多くて、ネットに情報が多いという事が
いかに重要かわかった案件だった。

海外顧客ターゲット等のサイトでMagentoっていう要望があるようだけれど
チームではこれは次依頼が来ても断ろうってことになって
実績一覧にものせない事になった。

十分Wordptess+Welcart、ECCUBE3で実現できるのもわかったので…。

血迷ってMACをSeiraにしたらひどいことになった

血迷ってMACをSeiraにしたらひどいことになった

Yosemiteで使っていたんだけど、商売道具のAdobeのソフトがガクガクでイライラがすごかったのでいらないファイルをざっくり捨て、

ONYXでキレーにして、OSをあげてみた。

Seiraとか人の名前かよ、とかおもいながらアップデートして

気になり始めたいらないファイルの整頓をして、何度も再起動して、古くて動かないアプリとか捨てて

例えば何年も前に使ってたプリンター用のアプリケーションとか、駐禁マークになってたやつをアンインストールor削除して

それも再起動しながら、班にチッ様子を見ながら、やって、大丈夫らしいと思って使い始めた2日後、朝起きてみたら、カーネルパニックが起きてた。

くそー。

それからはもう、タイムマシーンでYosemiteの時に戻しても、ジャーンとも言わずにカーネルパニックで駐禁マーク。

SeiraにしてもAdobeは落ちてばっかりいたから

怪しいと思ったけど!

タイムマシーンってなんなの??毎日バックアップ取ってるのにそのために3TBの外付けのちょっといいやつまで買ったのに

こんな時にタイムマシーンで復元できないとか。

FirstAidやってもどこも悪くないとか出るし。

ていうはやくiMac発売しないからこんなことになってるんだよ!

ふつふつと怒りが湧いてきた

タブレットばっかり増やしやがって

ノートブックばっかり増やしやがって

iMac早く作れこのやろう、そして私に売れこのグズ

去年出ると思って待ってたのにiMac2011mid もう限界ですか

っていうかAdobeのソフト使う以外は快適なんだけど
Adobeのソフトが動かないのは仕事にならない

Macbookpro11じゃ小さい。

Win10で仕事したくない。

今も、LIONインストールで、「すべてのディスクを確認中」で固まっているようにしか見えない。

えー、こんな別れってありなのか。

くそ忙しいのに、効率悪い環境になっちゃった

むかむかむか、、、

[WordPress] カスタムフィールドで絞り込んで一覧表示する

[WordPress] カスタムフィールドで絞り込んで一覧表示する


の内容を引用してます

なんども調べるから、、、

WordPressでカスタムフィールドの値によって投稿を絞り込む方法のメモです。
カスタムフィールドが特定の値の投稿を取得する

カスタムフィールドが特定の値の投稿を取得する方法です。
例として、投稿タイプ『test』で『city』というカスタムフィールドの値が『神戸』という投稿を絞り込んで取得します。

投稿タイプ(post_type):test
カスタムフィールドキー(meta_key):city
カスタムフィールド値(meta_value):神戸

$args = Array(
            'post_type' => 'test',
            'posts_per_page' => -1,
            'meta_key' => 'city',
            'meta_value' => '神戸'
        );
$the_query = new WP_Query($args);
if($the_query -> have_posts()):
    while($the_query -> have_posts()): $the_query -> the_post();
        //ここに処理を記述
    endwhile;
endif;
wp_reset_postdata();

posts_per_pageは-1で全件取得です。
以後、7行目以降の記述は同じなので省略します。今後は条件部分だけの記述にします。

カスタムフィールドの値で並び替える

今度はカスタムフィールドの値で並び替える方法です。
例として、カスタムフィールドキーが『city』の投稿をそのカスタムフィールドの値で降順(DESC)に並び替えます。

$args = Array(
            'post_type' => 'test',
            'posts_per_page' => -1,
            'meta_key' => 'city',
            'orderby' => 'meta_value',
            'order' => 'DESC'
        );

※明言どおり条件部分だけの記述にしました。
meta_queryを使って条件を指定する

meta_queryを使うとパラメータが異なり、違った条件指定ができるようになります。
例えばLIEK検索。『address』というカスタムフィールドに『神戸市』が含まれている投稿を取得する場合


$args = Array(
            'post_type' => 'test',
            'posts_per_page' => -1,
            'meta_query' => array(array(
                                'key' => 'address',
                                'value' => '神戸市',
                                'compare' => 'LIKE'
                            ))
        );

SQLのように『%』付ける必要はありません。WP_Query実行時に値の前後に自動で『%』が付与されるからです。
LIKEだけでなく、NOT LIKEやINなども指定できます。
使用できるパラメーターは以下の「5.12 カスタムフィールドパラメータ』を参考にしてください。

関数リファレンス/WP Query

もっと複雑な条件を指定してみる

meta_queryを使えば、もっと複雑な条件も指定することができるようになります。
例として、カスタムフィールド『pref』が『兵庫県』のみに絞り込み、カスタムフィールド『address』の値で昇順に並び替えてみます

$args = Array(
            'post_type' => 'test',
            'posts_per_page' => -1,
            'meta_key' => 'address',
            'orderby' => 'meta_value',
            'order' => 'ASC',
            'meta_query' => array(array(
                                'key' => 'pref',
                                'value' => '兵庫県'
                            ))
        );

他にも、カスタムフィールド『pref』が『兵庫県』のみに絞り込み、カスタムフィールド『city』の値が『西宮』『尼崎』『伊丹』以外の投稿を取得する場合は、以下のようになります。

$no_cities = array('西宮', '尼崎', '伊丹');
$args = Array(
            'post_type' => 'test',
            'posts_per_page' => -1,
            'meta_key' => 'pref',
            'meta_value' => '兵庫県',
            'meta_query' => array(array(
                                'key' => 'city',
                                'value' => $no_cities,
                                'compare' => 'NOT IN'
                            ))
        );

いろんな絞り込みができるようになるのでとても便利です。

【参考サイト】
query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う

最近 WORDPRESS CODE

サイト名

<?php bloginfo('name'); ?>

//サイトアドレス
<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>
//スタイルシート
<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>
//テンプレデレク鳥
<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>

//親テーマの場合(基本)
<?php echo get_template_directory_uri(); ?>
//子テーマの場合
<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>

//タイトルリンク付き
//<a href="<?php bloginfo('url'); ?>" title="<?php bloginfo('name'); ?>"><?php bloginfo('name'); ?></a>
//詳細
//<p><?php bloginfo('description'); ?> </p>

<?php the_title(); ?> 
<?php the_date(); ?>
<?php the_content(); ?>
<?php the_excerpt(); ?>

//本文を出したい数だけ
<?php echo mb_substr($post->post_title, 0, 50); ?>
<?php echo mb_substr($post->post_title, 0, 30).'……'; ?>

//本文のタグと改行をとって任意の数表示
<?php
if(mb_strlen($post->post_content,'UTF-8')>200){
	$content= str_replace('\n', '', mb_substr(strip_tags($post-> post_content), 0, 200,'UTF-8'));
	echo $content.'……';
}else{
	echo str_replace('\n', '', strip_tags($post->post_content));
}
?>
スマホだけ改行
<div class="clearfix visible-xs-block"></div>

<?php echo do_shortcode('[ショートコードして文字列]'); ?>

フロントだけ
<?php if ( is_home() || is_front_page() ) : ?>
<?php echo do_shortcode('[rev_slider alias="name1"]'); ?>
<?php endif; ?>


座椅子を買う。そして不信感募る

今日は何回か買おうと思ってやめた座椅子を楽天で購入した。
4000円で送料込みだなんて、なんか心配な気もするけど。すぐ壊れなければいいな。

このところほんとうに頭の中が落ち着かない。
ソワソワとも違う、やる気がないのとも違う、考えがまとまらない、考えが続かないという感じで
多少のめまいがする

ストレス?わかってはいるけど、生まれたところからやり直さないといけない位だからどうにもしようがない

会社で受ける健康診断は、会社に結果が届くのよね。
どこでもそうかはわからないのだけど、今年初めて知った。
常識なのかー?

この間上司が、
「なんだー、XXさん健康じゃないですかー、ちょっとxxの数値が高いって出てますけど
この一つだけじゃないですか〜笑」
って朝から皆に聞こえる場面で言ってきたので、がっかりした。

健康だとか、何か結果が悪いに関わらず
個人的なことを皆がいる場所でいうだろうか。

おそらく、最近上司は私が気に入らないらしいのでこのようなことを皆の前で皆聞こえる場面で言ったのだと思う。
悪趣味だよね。

今までそんなに意識していなかったけど
「健康診断の結果は会社に筒抜け」
ということが、当たり前だとしても、見る立場にあってもそっと見てそっと閉じとけよ、と思うわけで。

例えば膠原病や免疫系の疾患の血液の検査や大腸内視鏡なんかは会社で受けた人間ドックでは
まかなえていないから
そんな疾患があって私は治療をしに通院しているかもしれないじゃない。

ていうかそういったことで通院しているけど何か言わせたいのか。

来年からは会社で受けるのやめようかな、と思うし
プライバシーも守れないならマイナンバーをこの会社に出すのも不安だしなんなら会社辞めようかなと思う。

調べてもはっきり出てこないけど保険証を使った診療の内容も会社に筒抜けなのかな。

そういえば以前はたまに届いていた診療の記録みたいな圧着のハガキ、この2〜3年会社からもらっていない。
今度反対に、皆がいるときに聞いてみようか。

会社で上司が圧着を開けていたら、見放題だ。
だって送られてくるときとこないときがあって、いつ送られたのかわからないんだから。
これって問題じゃないのかな。
不信感が募っていくなぁ

シドニアの騎士 読むのに時間がかかる けど読んで。

2016年にシドニアの騎士を知って ガ491由来の胞衣標本 というフレーズにはまる

3巻あたりまで読んで、アニメをみはじめて、原作だと感じメンドクセーなで読めてる風な気持ちになっていた名称や人の名前がアニメのおかげですっと入ってきた。

アニメは見終わって、今また原作の続きを読んでいるんだけど

こういう漫画は安売りしないでほしいな。

ところで最近忙しすぎて自分のために時間が取れない。
上の子は心配ばかりかけるし、奴のおかげで経済的にも大変だ。
この子は私に試練を与えるために今存在している感じ。

やる気は成果を上げたけれど、会社からは一過性のもので簡単には評価できないと
自分の給料の10倍の案件を撮ってきたのに、安定する案件ではないからと言われ
要望も却下された。

おそらく勤め先の上司や、体制に寄せていた信頼感が去年の末から崩れていって
私のことを役員がなんと言っていたかが耳に入り
失望したり、見えなくても良いものが見えてしまったり
かなりのストレスではある。
私は先週月曜日休んだらしいんだけど、全くなんで休んだか覚えていない。
ストレスがマッハ。

この社長についていこう、この上司を信頼していこうと思っていたところ
土台ごと崩れた感じで、なんにしてもテンションが下がる。
モチベーションを保つことが難しい。

 ガ491由来の胞衣標本どっちがいいかな。。。

そんな時はアニメだ。
そんな時は漫画だ。