TinyMCE を利用してサイトにエディタを導入しよう

TinyMCE を利用してサイトにエディタを導入しよう

TinyMCEと言えばこのwordpressにもエディタとして入っているものですが、普通のサイトに導入して使うことも出来ます。

たとえば、通販サイトで商品情報をエディタを使ってブログ風に登録できるようにしたい、とか
オリジナルのSNSサイトで日記を書くエディタに使いたい、とか
使いどころは色々あると思います。

仕事では例に挙げた前者ですね、依頼があり組み込んだことがあります。

要するに商品登録の時に使う登録フォームに組み込むわけです。

じゃあ準備します。

http://www.tinymce.com/

ここで

TinyMCEの公式トップページ
TinyMCEの公式トップページ

ここの赤枠のDOWNLOADから

Main packages
とりあえずMain packages をダウンロード

とりあえずMain packages (4.0.x) をダウンロード

tinymce_4.0.16.zip が落ちてくるので 完了したら解凍する。

フォルダ Js の中に、tinymce フォルダがある

日本語対応させたいので公式のDOWNLOADからゲットします。

日本語パック
日本語パックがある場所は少しわかりにくい

 

日本語パックをダウンロード
日本語パックをダウンロード

日本語パックも解凍するとlangsというフォルダができるのでその中にja.jsというファイルのがあるのを見つける。

先ほど落としたtinymceフォルダの中にlangフォルダがあるのでそこへja.jsを入れます。

このフォルダを自分の設置したいサイトの中にどさっと入れます。

<・・・記事作成中・・・>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA